高品質スクリーン印刷用 技術情報 ステンレスメッシュ、製版、印刷まで

ライン幅と印刷膜厚の関係 - ファインライン印刷の場合

ベタパターンの印刷膜厚は、スクリーンメッシュの仕様により増減しますが、ファインライン印刷の印刷膜厚は、ライン幅の大小により増減します。印刷膜厚はペーストと基板との密着力によって決定されるため、基板との密着面積が小さい細いラインほど印刷膜厚は減少します。

ファインライン印刷の印刷膜厚メカニズム

検 証 ライン幅と印刷膜厚の関係について

厚みの異なる400メッシュ(線径23ミクロン)を使用し、ファインラインの印刷膜厚がどのように変動するか検証しました。
厚みはノーマル品の55ミクロンとカレンダー加工品の40ミクロンの2種類で比較しました。

50ミクロンから200ミクロンまでのライン幅を印刷し、乾燥後の膜厚を測定しました。
ファインラインの印刷膜厚は、メッシュ仕様に関わらずライン幅の大小により決定されます。
PDFダウンロード

※ このページのPDF版をダウンロードすることが出来ます。

TOPに戻る