第7話 「こんな時こそ!秘技、ブラック変身の術!!」の巻

このメールマガジンは、アサダメッシュ株式会社 広報室が、スクリーン印刷の最新技術を知って頂き
より多くの方にスクリーン印刷のメリットをご理解いただく為に
名刺を交換させて頂きましたお客様に対して、定期的に配信しております。
アサダメッシュ株式会社 広報室便り
18世紀の産業革命以後、発展し続けた人間社会は、大量生産、大量消費により多量の廃液を排出し、地球温暖化、資源枯渇という深刻な地球環境問題に直面し始めた。持続可能な社会を目指し、アディティブ法である「環境にやさしいスクリーン印刷法」を普及させ、再び青い地球を取り戻すため、
メッシュ戦隊AD-Screenは立ち上がった!
メッシュ戦隊 AD-SCREEN
第7話 「こんな時こそ!秘技、ブラック変身の術!!」の巻
スクリーン印刷用の版のつくり方は至ってシンプルだ。
まず、メッシュに感光性乳剤を塗布し、印刷したい画像のフォトマスクを貼り付け、露光する。乳剤は感光性のため、光が照射された部分は硬化する。
水スプレーを噴霧すれば、露光されていない乳剤が流されて、スクリーン版ができあがる。
スクリーン印刷用の版のつくり方
高品質が裏目!?新たな課題浮上。
極めて純度が高く、高精度に伸線されたステンレス線材で織られたステンレスメッシュの表面は銀白色の光沢を帯びている。しかし、スクリーン版を作る際にこの光沢が厄介になる。露光中にメッシュ表面で乱反射が起こり、露光したくない乳剤部分にも光が当たってしまうのだ。こうなると、必要以上に乳剤が硬化されてしまい、狙いのパターンデザインにスクリーン版が仕上がらなくなる。
通常のステンレスメッシュ ブラックスクリーン
秘技!ブラック変身の術!!
こういう場合に、メッシュ戦隊はとっておきの秘技がある。ブラック変身の術だ。
ステンレスの表面はクロムを主成分とする透明な酸化皮膜に覆われている。この皮膜の厚さを絶妙にコントロールすることで、メッシュ表面を黒く発色させる事ができるのだ。
黒いメッシュは乱反射を低減させるため、特にファインパターンを含んだ高精細スクリーン版を作製するときに、その威力を存分に発揮する。
Black変身〜!!
青い地球を取り戻すため、
AD-Screen戦隊の闘いは続く。
to be continued...
スクリーン印刷用 AD-Screenシリーズ
メッシュ2次加工技術 ブラック加工 Black Screen-Type BLK
ブラック加工は、印刷精度を落とさず省手間製版を実現。
ブラック加工の詳細はこちらをご覧ください
お問い合わせはこちらから・・・ バックナンバーはこちらから・・・
スクリーン印刷における基礎知識や具体的な応用例や実践方法などがわかりやすく理解できるセミナーが、10月31日(水)東京にて開催! お申し込みはこちら
Copyright © 2018 ASADA MESH CO.,LTD. All rights reserved.